相手に自分を知ってもらおう

安心感をあたえる書き込み

深夜0時過ぎた頃にそのメールは飛び込んできました。メールといても出会い系サイトからのお知らせでした。 「○○さんからメールは来ています。」

早速、サイトのお知らせメールに掲載されているURLを開くとメールBOXが1件入っていました。

これを開くと「掲示板を見ました。何となくいい人みたいだから、今から会えませんか?」

その時は仕事で札幌のホテルに泊まっていたのです。 そして、人恋しさから出会い系サイトの掲示板に書き込みをしていました。

0時とはいっても翌日は、結構ゆっくりと仕事が始まるので「今からでもいいですよ。お会いしましょうか。」と返信しました。

暫らくして「ありがとうございます。今からそちらのホテルまで車で行きます。 メールアドレスと電話番号をおくっていいですか?」

私は少しビックリしましたがOKを返しました。 ビックリしたことは、普通、女性から積極的にメルアドや携帯番号を自ら教えることなんて、ほとんどないからです。

程なくして、彼女はワタシの宿泊しているホテルの部屋まで来てくれました。色々聞くと介護の仕事をしていて、今夜も夜勤明け。

なにか無性にカラダが燃えていて誰かと激しく愛し合いたい!という願望にかられて連絡をしてきたのです。

その夜は本当に激しく何回も何回も激しく交わりました。ただ、知りたかったのは、いくらカラダがほてっていたとしてもなぜ、私を選んだのかでした。

極端にいえば、誰でも良かったのでしょうが、最初の掲示板の書き込みだったそうです。彼女の話しですと 「フィーリングかな?」と言っていましたが、やはり、安心感を感じたからのようでした。

私はプロフィールに自分のことをすべて正直に書いていました。家族のことや自分の生い立ちまで、すべてさらけ出していたんです。ネット上では顔も見えませんので、誰に対しても不信感がまずあります。しかし、このことが安心感をあたえていたのかもしれません。

今回の体験で思ったのは、出会い系のPR欄やプロフィールの書き込みに気を使う点は相手に安らぎ感を感じさせることです。珍しいケースでしたが、今回のようなことがあなたにもあるのかもしれません。